自動更新(Webhook連携)の設定

データコレクトでは、kintoneのWebhookの機能により、入力元データアプリのレコードの追加・編集・削除・ステータス変更をきっかけに、設定に応じたレコードを更新することができます。

  1. フィールド式を設定している集計するアプリにて、自動更新(Webhook連携)の設定に進みます。
  2. 入力元データアプリ、通知を送信する条件を選択します。 また、通知を送信する条件をトリガーに更新するレコードを更新対象にて選択します。 更新対象は、”最新のレコード”、また条件で更新するレコードを指定するには、”通知内容と一致するレコード”を選択し、条件とするフィールドを設定して『保存』を押します。
  3. 生成されたWebhook URLをコピーして、”Webhookの設定画面”のリンクから、入力元アプリのWebhookの設定画面に遷移します。 ※Webhookの設定方法は こちら をご確認ください。